国内 将棋

【将棋不正疑惑】三浦九段復帰戦まとめ。中村九段謝罪、棋士がブログを更新など

投稿日:2017年2月13日 更新日:

ソフト使用疑惑により出場停止処分となっていた三浦弘行九段の復帰戦が2月13日(月)に行われました。この記事では、その日に起こった関連性のある話題をまとめました。ちなみに2月13日は三浦九段の誕生日でもありました。


スポンサーリンク

対局についての話題

対局生放送URL

ニコニコ生放送
【三浦九段復帰戦】第30期竜王戦 1組ランキング戦 羽生善治三冠 vs 三浦弘行九段
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv288125158
放送は終了していますが、有料のプレミアム会員になれば生放送の録画を見ることが出来ます。

出場停止中は駒を持っていない

想像を絶する状態だったようです。

両対局者のボディーチェック

対局前、スマートフォンなどの持ち込みがないか金属探知機によるボディーチェックが行われました。これは三浦九段の意向であったため、当初は三浦九段のみがボディーチェックを受ける予定でしたが、羽生三冠の申し出により両対局者に行われました。
羽生三冠は事前に奥さんに話をしていたようです。奥さんがこのようにつぶやいています。


三浦九段に気を遣って、三浦九段の目に入らないよう早めに行ったのでしょうか。

緊張で手が震える

将棋プレミアムに佐藤康光九段が登場。対局前の両者について語っており、その中で
「羽生さんは駒袋を開ける際に手が震えており、大一番と感じていらっしゃるようだった」とのこと。

解説の中村修九段が謝罪

ニコニコ生放送の冒頭で、解説を務める中村修九段がこのように謝罪しています。

「棋士会の副会長として何もできなかったことを悔やんでおり、三浦さん本人や家族、三浦さんに近い関係者に本当に申し訳ない。まさかと思いつつ、魔が差してしまったのかと思ってしまった。今となっては全くの誤解で、三浦さんは全くそんなことはしていなかった。自分自身も20年ぐらい前の対局中に、持ってきていた将棋の本を読んでしまおうかと思ったことがある。このような経験もあったため、色々な説明を受ける中で三浦さんを信用することができなくなってしまった。三浦さんや関係者の方はもちろん、たくさんの将棋ファンの方にご心配、ご迷惑をかけて本当に申し訳ない。」

安食女流も同様に謝罪しています。その後、三浦九段がボディーチェックを申し出た話になり、未だ騒動のことを気にしている三浦九段を心配する場面もありました。

先に席を外したのは・・・

最初に席を外したのは羽生三冠でした。
この行動は偶然だったのか、それとも考えあっての行動だったのかは分かりません。

対局結果

12時間を超える熱戦の末、先手の羽生三冠の勝利。

羽生三冠「ブランクを全く感じなかった」

感想戦にて、
三浦九段「難しい将棋だった。これだけ将棋を指さなかったことは無いので、まだ勘を取り戻したとは言えない。」
羽生三冠「ブランクを全く感じなかった。新しい将棋で苦しい局面が多かった。」

三浦九段の復帰戦に合わせて騒動に動きがあった

田丸昇九段がブログを更新

理事解任請求の発起人は上野裕和五段、滝誠一郎八段、西尾明六段のようです。

佐藤康光九段が将棋連盟の会長に就任した2月6日の臨時総会の模様 – 田丸昇ブログ
http://tamarunoboru.cocolog-nifty.com/

【追記・2月13日】
2月13日に発売された『週刊ポスト』(2月24日号)が《三浦九段「冤罪騒動」は終わらない!   将棋連盟「紛糾総会」大混乱の現場》というタイトルで、2月6日に行われた将棋連盟の臨時総会の生々しい模様を報じていて、理事解任動議を提出した28人の棋士の中で発起人を務めた3人の棋士の実名を挙げています。『ポスト』誌は今後も三浦九段の問題を取り上げていくそうです。

大平武洋六段がブログを更新

大平六段は理事解任請求に署名した一人のようです。また、桐谷広人七段も署名したようです。

大平武洋の自由な日々
http://oohira243.blogspot.jp/

ツイッターには先に書きましたが

今日発売の週刊誌に

先日の臨時総会の記事があります。

情報源は師匠だったみたいで

5人の理事に対する解任請求に

署名したとありました。

自分から言うのはどうかと思っていたのですが

自分も署名しました。

正直言うと、誰も何も言わないので

自分も傍観する予定のところに

連絡を頂きました。

なるべく若手には迷惑を掛けない

というやり方もいいと思いましたし

同期や同い年が発起人というのも

参加させて頂いた理由です。

自分自身、大した手伝いができていないですが

次の総会までは

やれることはやりたいと思います。

渡辺竜王がブログを更新

過去に渡辺竜王が発言したとされるものを否定しています。

朝日杯とか。 – 渡辺明ブログ
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/c61fcd5bda232629aeada12e97965e9f

13日(月)は三浦九段の復帰戦がありニコ生中継もあります。改めて、三浦九段をはじめとして将棋ファンの皆さまにご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。

私に対して厳しい意見があるのは重々承知していますが、そもそも「剥奪でも構わない」という意思はないし、そんな言葉は使っていません。発言された方のせいにしたくなかったので、10月からずっと否定せずにいましたが、最近になって思い切って聞いてみました。すると、人づてに聞いたということで、それなら私が言ったと誤解するのも無理がないと思います。では伝えた人はどこから「剥奪でも構わない」が来たのかとなりますが「上に相談するくらいだから、それくらいの気概だろう」という想像からとしか思えません。(最近、名前が出た観戦記者の方ではないです。)
言葉は伝言で少し違えば大違いになりますし、その意味では自分も取材に対しては慎重に発言すべきで、申し訳ありませんでした。
事実と違うことは順を追って書いていきますが、それを誰かのせいにするつもりはないです。

最後に

三浦九段が再び将棋を指す姿を見ることが出来て良かったです。
改めて連盟には、三浦九段の潔白を世間に表明、冤罪の責任を取ってほしいと思いました。

-国内, 将棋