YouTube エンタメ

マックスむらいの日本縦断の本音がツッコミどころ満載な件

投稿日:

日本縦断中のYouTuber、マックスむらいが4月19日にLINEブログと動画で旅の本音を述べた。その内容が突っ込みどころ満載すぎる!


スポンサーリンク

旅の本音を公開

19日、マックスむらいがLINEブログで『日本縦断の旅の目的【本音】」というタイトルの記事を投稿した。

投稿した理由は、視聴者にマックスむらいの本音を理解してもらい、この先の旅動画をより一層楽しんで観てもらいたいからだそうだ。

マックスむらいのLINEブログリンク

日本縦断の旅の目的【本音】前半

日本縦断の旅の目的【本音】後半
 
 

「旅で最優先なのは人と会うこと」としているが・・・

ブログで旅の優先順位についてこのように述べている。

旅が始まる前は、

『行きたいところに行く >>> 動画のネタになりそうなところにいく = それぞれの場所で人に出逢えばフィルムを配る』

という、自分中心の思いが強かったのですが、

旅の途中から、私の中で優先順位が完全に変わりました。

『人と会う >>>>> 最後まで元気でゴールする >>>> 面白い動画を作りたい >>>>>>>>>>>>> 行きたいところに行く』

※ もちろん面白い動画を作って見てほしいという思いは強いです。私もりおなりも。ただ、それ以上に『人と会う』ってのが大きくなりすぎたのです。

(中略)

私自身のことだけじゃなく、会社のことも含めた将来を考えた時に、今、会いに来てくた一人ひとり、ネットを通じて応援してくれる一人ひとりに答えていかないと、そこに時間を一番割かないとダメだって。

『人と会うことが最優先』と述べるマックスむらいだが実際の旅では・・・。下のツイートのやり取りはマックスむらいが愛知県から岐阜県に移動した際のもの。

『人と会うことが最優先』のはずなのに、わざわざ会いに行こうとしてくれた視聴者との約束を反故にしている。しかも『土地勘がないから』といういい加減な理由だ。全国を回る中で土地勘のある場所のほうが少ないだろう。

次に、下のツイートについて。

『自分の行きたいところに行く』を最も優先度を低く設定しているはずなのに、「プライベートで行ったから」という理由で目的地から外している。

マックスむらいの本当の旅の優先順位は『行きたいところに行く > 人と会う』なのではないだろうか?
 
 

本当に元気な姿を見せたいのか?

この日本縦断企画では、軍資金(移動中の食事代)は動画のコメント数で決まるというルールがある。しかし、交通費や宿代には縛りが無く、飛行機で移動しても高級旅館に泊まっても良いことになっている。このようなぬるいルールに批判的なコメントが多い中、マックスむらいはブログでこのように述べている。

そういう自分の中での変化を、

旅が始まって3日目ぐらいで感じちゃって、

私の中でYouTube的な『旅動画は過酷であるべし』は、絶対やっちゃだめになりました。

元気いっぱいでたくさんの人と会うことの方が100万倍重要なことだと考えるようになりました。

(中略)

でも今回の旅はほんとごめんなさい。
ぬるいと思われるかもしれないけど、最初に決めたルールで、そのルールを守る形で最後のゴールまで行かせてもらいたいと思っています。

「旅の途中で出会う人のために元気いっぱいでいなければならない、だからぬるいと思われてもこのルールを最後まで続ける」とのこと。しかし、その後ブログでこのように述べている。

こんなに苦労して、吐き気して頭痛して、体キシンできて、それでも移動中の電車の中でも動画編集して、走り続けて。。

ここまで書いておいて、、、それでもですが、ボロボロになりながらまだ悩み続けてます。

撮影はもちろん、動画の編集や車の運転も従業員がやっているのに、マックスむらいは本当に過酷なのかという素朴な疑問は置いておいて、元気な姿を見せたいのか、疲弊した姿を見せたいのか、どちらなのだろうか。

元気な姿でたくさんの人と接するためにぬるいルールを選んだのならば、疲れていることをわざわざ表に出すのはいかがなものか。しかも本音を綴ったこの記事のみならず、動画のタイトルでまで過酷アピールをする始末。

筆者にはマックスむらいが、「過酷な旅だと思われたいが厳しいルールは嫌だ」と考えているようにしか思えない。
 
 

最後に

他にもツッコミどころがあったけど長くなるからやめた。

-YouTube, エンタメ
-