国内 将棋

【噂】理事を解任された片上六段と中川八段が再び理事選に立候補?

投稿日:2017年3月10日 更新日:

2月27日に行われた将棋連盟臨時総会で解任された片上大輔六段と中川大輔八段だが、両氏が5月に行われる理事選に立候補するという噂が流れてきている。


スポンサーリンク

週刊金曜日「外された片上、中川が理事選に立候補する」

youtubeの裏・週刊金曜日チャンネルにて、週刊金曜日の編集者が将棋連盟の理事解任とその直前に起きた渡辺竜王弁護文書について説明している。
その動画の14:20で、
「僕のところに入っている情報は、青野、中川、片上という3人が外されたんですけれども、片上、中川の両氏がまた自分らが理事になると言って立候補するという噂が流れている」
「なかなか将棋連盟も闇が深いなという気がいたします」
「僕なんかが行っても取材拒否ですからね」
と語っている。なお情報の出処については触れていない。

週刊金曜日「今後、弁護士に依頼した人物を調査する」

以前当サイトでも取り上げた小暮克洋氏が弁護士に依頼したとされる渡辺明竜王弁護文書だが、

観戦記者小暮氏が弁護士に渡辺竜王弁護依頼 一連の流れと反応まとめ

週刊金曜日の記者は動画の11:20でこのように話している。
「この弁護士は自分の法律事務所の公式サイトでそれを載せている、つまりビジネスとしてやっているわけです。依頼のあった小暮克洋氏は昔からの友人というけれども、友人からの依頼で弁護士が自分の日記のようにそんなもの発表できるわけがない。当然仕事として依頼を受けていると。じゃあ小暮さんはお金を払ったのかなと思うと小暮さんは観戦記者の仕事は全く無いわけじゃないですけど、なかなか厳しいらしくて、新宿の外れにある将棋バーでバーテンのアルバイトをしているぐらいお金が無いと。そうするとどこからかお金を引っ張ってきていないとおかしい。渡辺明かもしくは読売新聞社かという話があって、これは取材していかなければいけない」

ちなみに小暮氏が将棋バーで働いているという噂についてはこの記事で触れている。
【噂】小暮氏は橋本八段のツイッターアカウントを共有していた?

番外

米長氏が立候補を勧めたのかもしれない。

最後に

本当に立候補するのだろうか。まさか~・・・。

-国内, 将棋