国内 将棋

【噂】小暮氏依頼の渡辺竜王弁護文書、渡辺竜王は原稿も提供していた?スポンサーが失望?

投稿日:2017年3月1日 更新日:

将棋観戦記者の小暮克洋氏が弁護士に依頼して作成した「渡辺竜王を弁護する」文書。この文書に関する噂について記事にしました。あくまで噂ですので信憑性は保証できません。


スポンサーリンク

渡辺竜王は原稿も提供していた?

渡辺明竜王がブログで用いていた独特の言い回しが弁護文にも存在し、弁護文の一部を渡辺竜王が書いた(提供した)のではないかという噂です。

渡辺明ブログの該当記事

昨日の将棋、試しにボナンザ先生にお伺いをしたら、僕が間違えた局面2つで、先生はピタリと正解手を示されました。
昨年3月の凄腕コンピューターではなく、家庭用パソコンでの先生の読みに負けているようでは、楽観うんぬんという問題ではないかもしれません。
(続く)

弁護文書の該当箇所

(中略)
(4) 試験の採点者は誰か
それなら将棋「試験」の採点者は誰なのか? どの手が「何点」なのか、常に高いクオリティーで判断できる人などいない。しかし、コンピューターソフトなら、それが可能なのである。コンピューターの力が、非常に強くなった今だから、トップ棋士たちの手も、このような「試験」の対象となってしまった。この採点者は、強いコンピューターならどれでもよい。「技巧」である必要はない。「ポナンザ」でもいいし、「やねうら王」でもいい。(念のため言っておくと、いずれもプロより強い将棋ソフトである。)
試験の採点も、本当に原始的なやり方で十分である。例えば、各試験問題(つまり、そのときの局面)で、先生である「技巧」や「ポナンザ」の指し手と、幾つ一致したかを数えるだけでも、相当精度の高い「採点」ができる。ポナンザ先生なら「正解」としていたが、技巧先生は不正解とするような事例はあるだろう。しかし、数からすればわずかだし、強い先生方の間で意見が割れる手の場合、それより弱い人間がどの手を選択するかは、単純な確率論の話(2人の先生の見解が分かれたら、どちらかを選択する確率は2分の1ということ。)になる。したがって、全体としての「採点」にはほとんど影響がない。
さらには、第1候補の手なら何点、第2候補の手なら何点、こういう悪手ならマイナス何点などといった、採点専用ソフトをつくれば、さらに精度の高い「採点」も可能になってくるのである。

一言

たしかに両方で聞き慣れない「ポナンザ先生」という言葉が使われています。しかし、弁護文書の場合、将棋ソフトを「試験を採点する人物」に例えているので文章の流れとしては自然です。

スポンサーが失望?

渡辺竜王弁護文について「こんなのは渡辺竜王への弁護でもなんでもなく、名誉回復の途上にある三浦九段に対しての新たな中傷でしかない。」とコメントした人物が叡王戦を主催するドワンゴの川上量生会長ではないかという噂です。

該当の記事とコメント

『三浦九段不正疑惑について、渡辺明竜王を弁護する お知らせ | 刑事弁護に強い弁...
kawango: こんなのは渡辺竜王への弁護でもなんでもなく、名誉回復の途上にある三浦九段に対しての新たな中傷でしかない。

この人物が本人かどうか

はてな界隈ではドワンゴ川上会長本人だと有名のようです。

なんでドワンゴの創業者がはてなで日記書いてんの?
とつぜん現れてむちゃくちゃレベルの高いエントリを連日投稿している「はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記」http://d.hatena.ne.jp/kawango/…

とつぜん現れてむちゃくちゃレベルの高いエントリを連日投稿している「はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記」http://d.hatena.ne.jp/kawango/。3万ポイントもはてなポイントを購入する酔狂さに度肝を抜かれたのは僕が赤貧だからだけど、でもこれ、他社のサービス内容の調査のためだよなあ。
(続く)

一言

一連の騒動と関係があるかは分かりませんが、将棋電王戦は今年限りで終了です。

-国内, 将棋