エンタメ ゲーム

ニンテンドースイッチ購入検討中の方へ 注意点その2

投稿日:2017年2月20日 更新日:

2017年3月3日に任天堂からニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)が発売されます。この記事では買う前にぜひ読んでいただきたい注意点をまとめてあります。


スポンサーリンク

1年以内に値下げの可能性が大

ニンテンドー3DSは発売から5ヶ月で1万円の値下げ

2011年2月26日、任天堂から携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」が発売されました。しかし、2万5千円という本体価格のため売れ行きが悪く、同年7月28日に本体価格が1万5千円に改訂されました。下は任天堂公式サイトの説明文です。

ニンテンドー3DS アンバサダー・プログラム
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ambassador/index.html

みなさん、こんにちは。任天堂の岩田です。

ニンテンドー3DSをご愛用いただき、ありがとうございます。

このたび、8月11日にニンテンドー3DSハードの価格改定をさせていただくことになり、本日それを発表いたしました。

ゲーム機を発売して一定の期間が経ち、さらなる普及を目指して値下げをするということは過去にもありましたが、今回のように、発売から半年も経過せずに、しかもこれほど大幅な値下げをしたことは、任天堂の過去の歴史にはありませんでした。
このことは、いちばん最初にニンテンドー3DSを応援してくださったみなさまからのご信頼を損ない、ご批判を受けかねないことだと痛感しております。

今回、このような前例のないタイミングで値下げに踏み切ったのは、ニンテンドー3DSの発売前と、現時点で大きく状況が変わり、今思い切った手を打たなければ、多くのお客様にニンテンドー3DSを楽しんでいただく未来がつくりだせない可能性が高まったと判断したためです。
ソフトの作り手の方々にも、販売に携わるみなさまにも、「ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSの後継のゲーム機として間違いなく普及する」という確信を持っていただけなければ、ニンテンドー3DSが勢いよく多くのお客様に広がり、ソフトが充実し、結果的にニンテンドー3DSを購入されたみなさま全員にご満足いただくという循環がつくれません。

値下げ前に購入した人にお詫びとして、ファミコンやゲームボーイアドバンスのソフト数本がプレゼントされましたが、新しいゲーム体験をするために最新ゲーム機を買ったのに、なぜ10年前のゲームをしなくてはいけないのかと思ってしまいます。
脱線しましたが、ニンテンドー3DSは本体価格2万5千円でスタートダッシュに失敗し、半年足らずで1万円の値引きが行われました。

ニンテンドースイッチは3万円。過ちを繰り返すだろう

ニンテンドースイッチ本体と同時発売のソフトは8本です。ニンテンドー3DSは10本でした。さらに、ニンテンドースイッチの本体価格は3万円です。2万5千円だったニンテンドー3DSはすぐに値下げを行いました。
単純比較は出来ないでしょうが、ニンテンドースイッチもスタートダッシュに失敗し、値下げが行われる可能性が高いのではと思ってしまいます。

参考に

購入意向アンケート結果

アンケートではまだ様子見の人が多い。

しばらく様子見? 「Nintendo Switch」購入に慎重な声多数
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000015-zdn_pc-sci

 そんなNintendo Switchですが、ITmedia MobileのTwitterで皆さんの購入意向を聞いてみました。結果は、「買う」が19%、「買わない」が38%、「まだ様子見」が43%となりました。

高橋名人の予想

最後に

ニンテンドースイッチは本体と同時発売のソフトが少なく本体価格は高めのため、初めは盛り上がりに欠けるでしょう。発売予定のソフトにはスプラトゥーン2やマリオなどの注目作があり、後になって盛り返すことは考えられますが、同時発売のソフトに興味が無いのならば、慌てて購入する必要は無く様子見するのが良いと思います。

-エンタメ, ゲーム